2015年6月22日月曜日

キャビネットシミュ

今回は音の出口となるキャビネットシミュを紹介します。


前回の投稿と同じく、64bit環境で使えるものです。




~フリー~


Ignite Amps / NedIR (2キャビネット)

Voxengo / Boogex(1アンプ、1キャビネット)




~有料~


Kazrog LLC / Recabinet(2キャビネット)




Overloud / TH2(数種類のアンプ、キャビネット、エフェクト)



現状、僕が知っているのはこれぐらいです。

NedIRとRecabinetはキャビネットのみ。

BoogexとTH2はアンプをバイパスさせてキャビネットのみの使用も可能です。


このまま使用しても良いのですが、更に好みの音にしたい場合は

IR(キャビネットインパルス、またはインパルスレスポンス)というデータファイルが必要になります。

これは様々なキャビネット、マイク、位置、距離といった残響の信号をwavファイルなどでデータ化したものです。

偏ったDTM用語辞典を見ていただいた方がわかりやすいでしょうか。


上記にリンクした4つのキャビネットシミュは全てIRを読み込ます事ができます。



検索するとたくさん出てくるので紹介しきれませんがフリーもたくさんありますし、有料でも数百円で売られているものが多いです。

中にはメタリカなどバンドのIRもあります。



Bedroom Producers Blog

こちらのブログにいくつかIRのダウンロード先がリンクされています。



0 件のコメント:

コメントを投稿