2015年12月9日水曜日

2015年度 購入したメタルCD1

年末も近くなりつつありますので2015年度に購入したメタルなCDを紹介します。

※アルファベット順、The~のつくバンドはT欄に。
アルバム名/バンド名で記します。


The Order Of Things/All That Remains
USA
Metalcore
2015 7th Full-length Album


  1. This Probably Won't End Well
  2. No Knock
  3. Divide
  4. The Greatest Generation
  5. For You
  6. A Reason For Me To Fight
  7. Victory Lap
  8. Pernicious
  9. Bite My Tongue
  10. Fiat Empire
  11. Tru-Kvlt-Metal
  12. Criticism And Self Realization
新しい取り組みで制作されたアルバム。
全体的にクリーンなヴォーカルでエモに近く、メロディアスで動的なものはもちろんのこと、静的な面も安堵を与えてくれる。
ファンとして過去作品を聴いてきたけど最初は別のバンドかと疑ったが#11 Tru-Kvlt-MetalでATRらしさを思い出させてくれた。



Innuendo/Amberian Dawn
Finland
Neo Classical/Power Metal
2015 6th Full-length Album


  1. Fame & Gloria
  2. Ladyhawk
  3. Innuendo
  4. The Court Of Mirror Hall
  5. Angelique
  6. Rise Of The Evil
  7. Chamber Of Dreadful Dreams
  8. Knock Knock Who’s There
  9. Symphony Nr 1, Pt. 1 – The Witchcraft
  10. Your Time - My Time
  11. Fame and Gloria (Instrumental Version)
  12. Sunrise (Re-Recording)
私的にはシンフォニックな曲よりも他要素がない純粋で力強いPower MetalとしてのCapriの歌声を聴いてみたい女性ヴォーカル。
静寂な面から勁烈な面まで様々な表情が見えてくるような、バンドのフロントに相応しい存在。
シンフォニックな音の使い方が上手く、ギター、ベース、ドラムの演奏はHeavyさを維持してあり、根がPower Metalなだけあって全体を通してバランスが良く、聴きやすいアルバム。




Under the Red Cloud/Amorphis
Finland
Progressive Death/Melodic Heavy Metal

2015 12th Full-length Album



  1. Under the Red Cloud
  2. The Four Wise Ones
  3. Bad Blood
  4. The Skull
  5. Death of a King
  6. Sacrifice
  7. Dark Path
  8. Enemy at the Gates
  9. Tree of Ages
  10. White Night
強力なゲストが幾多も集まり強力な1枚に仕上がっている。
#2,#6,#10にゲストヴォーカルとして参加しているAleahは南アフリカ出身らしく、とても美人だ。
Trees of Eternityというバンドで2013年にデモアルバムを出しているから是非応援してくれ!
バックコーラスとして参加しているJens BogrenはKatatoniaや、Kreatorなどのバンドでもゲストコーラス、キーボードとして参加している。
Jon Phippsはオーケストラ、ストリングスアレンジを担当し、2015年は3バンド(Amorphis、Angra、MOONSPELL)からゲストとして迎えられている。
André Alvinziは今作ではキーボードで参加しているが自身のバンド、Carnal Grief (Melodic Death Metal)ではギターを担当している。
Martin Lopezは#5にパーカッションとして参加し、2つのバンドをかけもちしていてドラムを担当している。
Chrigel Glanzmannは#2,#5,#9,#12(Bonus Track)にフルート、ティンホイッスルで参加し、自身のバンド、Eluveitieではメインヴォーカルを務める他にマルチパートをこなしている。
Loudwireが発表した2015年度ベストメタル部門で4位にランキングされた。




ちょっと数が多いので年内中に紹介できるかわかりませんが今回はこのへんで・・・。

国旗の素材はNational flag & Road sign Mtさんから使用させていただきました。
ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿