2016年11月19日土曜日

SONiVOX - Tony Coleman Drums




またまた自身では購入していませんが参考程度にドラム音源の紹介を。

今回はSONiVOXのTony Coleman Drumsというものです。


Tony Coleman Drums





デモ音源を聴いた印象ではロックやファンクなど細かいリズムを刻むなど、軽いギターの土台に合いそうで、ベースとの相性も良さそうだと感じました。

価格は公式サイトだと50ドルです。

公式サイトからカートに入れるとPC版とMAC版の両方がデフォルトでカートに入ってしまい、100ドルになってしまうので環境に合わせてどちらかを削除しましょう。

また、Plugin Boutiqueではこの記事を書いてる時点でセールをしていますのでユーロ換算になってしまいますが2177円と表示されています。

安価で良い音してますのでセールを利用しなくても購入候補に入るのではないでしょうか。

スネアの口径や胴の深さは記されていませんが、おそらく14x5.5のメイプル(木製シェル)

タムも胴の深さは記されていませんがシェルはメイプルで10,12,13インチの3種と14,16インチのフロアタムが2種類

キックも同様に胴の深さは記されていませんがメイプルで22インチ。

ライドはSabian 22 AAX。

シンバルはSabian 18 AAXが2枚と20 Vaultの計3枚。

ハットはSabian 16 AAと一般的なハット(13インチ)と比べると大きめですね。

金物はSabianでまとめられていてZildjianのようにクセがなく、各ジャンルに合います。

セットの種類はこのようになっていて、あとはピッチ変更、フィルター、EQ、Reverb、Compなどが内蔵されているようです。


Kontaktを使用せず、独自のUIで表示されて64bitのVSTで動作しますが、私自身購入はしていないので、使用しているDAWによっては認識されない場合もありますので購入の際には下調べをしっかりしてください。



0 件のコメント:

コメントを投稿