2016年12月17日土曜日

2016 Hard Rock and Metal アルバムリリース 8月編 Sodom - Decision Day




Sodom - Decision Day (SPV,Steamhammer)


みなさんご存知3大ジャーマンスラッシュのSodom!

15枚目のアルバムリリースですね!


1981年に結成し、Motörhead、Tank、Raven、Venomに強く影響を受けています。

1986年にリリースされたObsessed by Crueltyレコーディング後にバンドを脱退するのが決まっていたMichael Wulf (Destructor)ですが1993年にバイクによる事故で亡くなっています。

Michael Wulfが演奏したアルバムはSteamhammerは会社の規定によってバンドに再録させて新たな追加曲を入れたものをヨーロッパでリリースしましたがアメリカのMetal Blade Recordsは再録前のアルバムをリリースしてしまい、そちらの方が広く伝わってしまったという話があります。

その後からSodomはBlack Metalの特徴であるサタニズムな音楽性を止めて戦争や死をテーマにした楽曲を作る事に。

1981年から1992年までドラムを担ってきたChris Witchhunterですがアルコール依存症だったようでTom Angelripperが脱退させ、元Holy MosesのAtomic Steifを迎え入れ1992年から1996年まで活動していましたが、 1996年にKonrad "Bobby" Schottkowski (Bobby)が加入し、Code RedやM-16などの名盤が誕生して2010年までドラムをプレイ。

Chris Witchhunterは2008年に亡くなってしまいました。

2010年からMakkaと入れ替わって現在のメンバーとなっています。



Makkaが45歳で一番若く、他の2人は50歳を超えています。

45歳で若いという表現はおかしいですが、彼らの年齢で今作のような激しいプレイをすることができるのは尊敬に値しますね。

1970年代から活動しているバンド/アーティストはたくさんいますが海外の年輩者は何でこんなに活発なんでしょうか(笑)

Sodomが影響を受けたMotörheadのLemmy Kilmisterは70歳で亡くなってしまいましたがSodomが元気に活動していることがわかっているだけで年齢が近い方だけじゃなく後続の若者にも刺激を与えてくれます。













0 件のコメント:

コメントを投稿