2016年12月18日日曜日

2016 Hard Rock and Metal アルバムリリース 10月編 Sonic Syndicate - Confessions




Sonic Syndicate - Confessions (Despotz Records)


2000年にTunes of Silenceとして活動を始め、2002年にFallen Angelsと改名し、2005年にSonic Syndicateとなりました。


Robin Sjunnesson (Gt)とNathan James Biggs (Vo)を残して他のメンバーはThe Unguidedというバンドを組む形になり前作2014年リリースのアルバムSonic Syndicateを最後にNuclear Blast Recordsとの契約が解除になってしまいました。

2015年にMichel Bärzén (Ba)が加わり、一時期The Unguidedで活動していたJohn "Runken" Bengtsson (Dr)が今作リリース後に戻ってきたようで何とか体制は整ったものの、今作はMetalcoreなんて言えたものではありません。

前作までのSonic Syndicateとは別物です。

The Unguidedとの分裂が大きな原因ですがシンセを多用したポップロックな面が強く出ています。

唯一の救いとしてはNathan James Biggs (Vo)がメンバーとして残ってることでしょうか。

彼の歌声のファンはたくさんいます。

今作Confessionsのタイトルからしてバンドの現状、喪失、これまでの障害を克服するために作られたアルバムだと思います。

バンドのメンバーも揃ったので本来の姿を取り戻し、今後もっと大きなレーベルと契約を結べるよう願うだけです。













0 件のコメント:

コメントを投稿