2016年12月15日木曜日

2016 Hard Rock and Metal アルバムリリース 3月編 Artillery - Penalty By Perception




Artillery - Penalty By Perception (Metal Blade Records)


Artilleryはデンマークで1982年に結成し、1991年に解散、1998年に再結成して2000年に再び解散、2007年に再度結成し、それ以降は順調な活動をしています。

長い間、Artilleryのドラムを担ってきたCarsten NielsenはスウェーデンのBlack/Viking/Thrash MetalバンドであるBathoryのQuorthonから勧誘されていましたがArtilleryの方が大きなバンドになるという理由で断りました。

Bathoryは2004年に解散してるのでCarsten Nielsenの判断は正しかったのでしょうね。

しかし、そのCarsten Nielsenは2012年にArtilleryを脱退して入れ替わるように2013年リリースのLegionsから今作Penalty By PerceptionはJosua Madsenがドラムを担っています。


さて、今作の第一印象はリズムギターのサウンドメイクでしょうか。

前作以上にハイが非常にキツいため、耳に刺さってくるかのようです。

言い方を変えますと1980年代の古いギターサウンドメイクがそのまま近代の機械技術によって音量が増幅されたかのように思えます。

ギターの高域部分は私も好みですがArtilleryは長い歴史があるのでベテランの技術を活かしてモダンなサウンドメイクにした方が良かったのではないかと感じます。

リードギターはリズムギターとは逆にハイが抑えられていてとても聴きやすいですね。

リズムギターのハイが強めなのはArtilleryの持ち味ですが今作はやりすぎた感がします。


総合的に楽曲、演奏ともに良いのですがリズムギターのハイが非常なので耳がやられないように注意してください。












0 件のコメント:

コメントを投稿