2016年12月15日木曜日

2016 Hard Rock and Metal アルバムリリース 3月編 Caliban - Gravity




Caliban - Gravity (Century Media Records)

Calibanは1997年にドイツで結成し、バンド名の由来はシェイクスピア作のテンペストに登場する怪物キャリバンからとったものと言われています。

アルバムをリリースする度にMetalcoreバンドとして大きく成長してきましたが今作はCalibanがリリースしたアルバム史上、最高のアルバムと言っても過言ではないかもしれません。

更に言い足しますと2016年度にリリースされたMetalcoreバンドのアルバムの中でもトップクラスな作品です。

Metalcoreといえばギターがメインで前に出ていて他パートが半歩から1歩ほど下がっているようなイメージですが今作は全てのパートのバランスがとても素晴らしいです。

各パートのサウンドメイクと演奏はもちろん、2012年からCalibanのミキシングをしているKlaus Scheuermann、多くのバンドのマスタリングを行っているOlman Viper、ともに良い仕事してますね!

Klaus Scheuermann、Olman Viperは両者ともドイツ出身なのでドイツらしい芸術意識を感じられます。


トラック7 The Ocean's HeartにゲストでArch EnemyのAlissa White-Gluzが参加しています。

Arch Enemyのヴォーカルになったのは2014年からなので長らくヴォーカルを担っていたThe Agonistの元ヴォーカルと紹介した方がわかりやすいかもしれませんね。


メタルに限らず、「何か良い音楽ない?」などの愚問が話題に上がるようでしたらその対象がMetalcoreならば今作を紹介するのもいいかもですね。











0 件のコメント:

コメントを投稿