2016年12月16日金曜日

2016 Hard Rock and Metal アルバムリリース 7月編 Periphery - Periphery III: Select Difficulty




Periphery - Periphery III: Select Difficulty (Sumerian Records)


メタル好きのみなさんはDjent (ジェント)という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

MeshuggahのギタリストFredrik Thordendalから生まれた造語またはジャンル/カテゴリーですがPeripheryのギタリストMisha Mansoorがデビュー前にインターネットを通じて何らかのサイトにこのスタイルで投稿してたと言われています。

7弦または8弦ギターの低音弦を使用して独特のリズムによる演奏スタイルなのですが6弦ギターでも似たようなサウンドは作れるようですが7弦、8弦と比べるとやはり明確な差があるようでギタリストの巧みな様を感じます。


私がPeripheryを聴くようになったのはギターの音作りの参考にするためだったのですがProgressive Metalにしては珍しく聴き入ってしまうほど楽曲のクオリティが高いのですよね。

今作はPeripheryの名物とも言えるジェントスタイルはもちろんありますがオーケストラ楽器がちょいなちょいな使われていて兼ね合いが素晴らしく、歌メロもあり、時折シンセも出てきたりと全曲通して飽きさせないアルバムになっています。

Djentは廃れてきたなんて意見もどこかで見かけますがPeripheryがこのスタイルを捨てない限り、後続のバンドが幾多も出てくることでしょう。

他にもDjentといえば名前が上がるバンドがあるので、このスタイルを気に入った方は探してみてはいかがでしょうか。













0 件のコメント:

コメントを投稿