2017年1月26日木曜日

2017 Hard Rock and Metal アルバムリリース 1月編 Aversions Crown - Xenocide



Aversions CrownはAustraliaのDeathcoreバンド。

新規発見のバンドでDeath/Black系は苦手な私ですが視聴してみるとドラムが前に出ていてブラストビートが強く、ギターやベースの高音/低音もしっかり出しているという、この手のジャンルが苦手な私でもとても聴きやすいアルバムでした。

国は違いますが、Nile (USA)のGeorge Kollias (Dr)のようにツーバス/ブラストに命をかけているかのようなビートを刻み、更にリスナーの命を削る勢いがあります。

ブラストビートを刻むバンドは幾多もありますが、大体は後ろに引っ込んでいる事が多いので、今作のような細かいドラムフレーズを前に出すアルバムは意外性あり、好印象です。

全体的な演奏も然り、Mark Poida (Vo)のデスヴォイス/グロウル/スクリーチを使い分ける歌唱技術も凄いですよ!

ポップなロックバンドのような軽いギターでドラムとベースに低音を担わせるわけではなく、ギター/ベース/ヴォーカルも低音を出しつつ、Liveじゃないのにドラムにパワーを与えるレコーディングやエンジニアの仕事も大変素晴らしく感心します。













0 件のコメント:

コメントを投稿