2017年3月27日月曜日

ベースの高音域ミキシングのヒント




ベースは低音の土台だけじゃなく中音域から高音域も鳴らすことによって弦を弾く音が綺羅びやかに響きますよね。

最近はカヴァーばかりですがベースの音作りには毎度困っています。

そこでiZotopeがヒントをくれました。





Google先生の翻訳によると「ブーストするミッドレンジは2〜5kHzです。これは高音域のミックスをベースにしたポーズに役立ちます。」とのことです。

翻訳するまでもないですね(笑)

Heavyな音を重視するメタルでもベースの高音域は必要です。

現状、私のベースは低音と高音をブーストしたセッティングしているのですがアナライザーで見ると綺麗に中域が当たり前のようにカットされていてギターが出す低音の土台にしかなってなく、ベースが目立つ部分がありません。

次は目立たせるようなフレーズがなくともBassの存在感をiZotopeのヒントを参考にして作ってみたいと思います!



0 件のコメント:

コメントを投稿