2017年12月5日火曜日

Studio One 3 書き出し前と書き出し後のテンポが異なる原因



MIDI入力をしてオーディオファイルに書き込み、新たにそのオーディオファイルを読み込ませてそのまま再生するとテンポが違うっ?!ということがありました。

書き込み前と後でテンポが異なる場合、オーディオファイルをトランジェント検出すると波形に色が付きます。

書き出し前と同じテンポに設定すると波形は灰色になります。

(任意で色を変更してない場合)

1曲通して同じテンポなら許容範囲ですがテンポチェンジする曲だと厄介ですよね。

かといって、同じテンポでも毎回設定し直すのも面倒な気持ちになります。

その原因が下の画像を見ればわかります。























上記画像を見てわかるように「テンポをオーディオファイルに書き込み」のチェックを外して書き出しすると、毎回テンポ設定し直さなくてもよくなります✌

私の場合、いつの間にかチェックしてしまっていたようで今回のような面倒な事が起こりました・・・。



0 件のコメント:

コメントを投稿