2018年1月15日月曜日

打ち込みメタルギター音作り 5



5回目の試みはIgnite AmpsのAnvilとKuassaのEfektorOD3603で

打ち込みメタルギターの音作り(リズムギター)をしました。







まずはヘッドですがクリーン、リズム、リードの3つの用途があります。

今回リードを選んだのはpresenceを設定できるためです。

2mixしたら思った以上にジャリ感になってしまったので驚き、リズムに設定した方が良かったと反面、これはこれでスラッシュを好む方には良いかなと思いました。

Anvilを使う際にトラックゲインの数値が高くなってしまうので音量調整に注意が必要です。

今回が悪い例ですね😫


次にオーバードライブですがKuassaのEfektorOD3603です。




このODは負荷が軽く、効果が良いのが特徴です。

下部のツマミを順番に下へ選択していくと聴感上、刻みがボヤけていくように感じたので上から2番目にしました。

CytomicのThe Screamと比べると2倍以上、負荷が軽いのでオススメの1つですよ!



それではまた👋ミ



0 件のコメント:

コメントを投稿