2018年2月3日土曜日

Slayer解散について思ったこと



2018年は何か大事が起こるのではないかと思っていた矢先、Slayerの解散が発表されました。

ボーカルのTom Arayaが年齢的にヘドバンが辛くなってきたとの事ですが56歳ですものね。

私は無理にヘドバンしなく、音楽性を変更してもいいのではないかと思いますが20数年活動してきた彼らなりのこだわりがあるのでしょうか。

SlayerはIron Maiden、Judas Priest、Exodusなどに影響を受けたスタイルから始まりましたが、この3バンドまたは他のバンドにゲストで参加してファンを楽しませてもらいたいものです。

2018年度の世界ツアーを行って契約上、次のアルバムがラストになります。

ラストアルバムの楽曲を交えたツアーも行ってほしかったのですが、これは叶いそうになさそうですかね。

1981年からThrash Metalというジャンルを引っ張ってきたバンドですがポストSlayerの座はどのバンドになるか興味深く思います。

昨今は音楽商業の問題なのか純粋なThrash Metalが少ない印象なのでポストSlayerは全く予想できません。

Slayerの解散は残念な出来事ですが前向きに考えますと、これからThrash Metalバンドが今以上に増える可能性もなくはないですよね。

要素だけでなくSlayerの意思を継ぐ純粋なThrash Metalバンドが出てくることを願います。

12枚のアルバム中から1曲ずつお気に入りの曲を紹介しようと考えましたが、これは各々聴いていただいた方がいいですね。

そしてラストアルバムがリリースされましたらSlayerと共にヘドバンしましょう!



それではまた👋ミ



0 件のコメント:

コメントを投稿